食べログTAKEOUT 管理

トップへ戻る

メニュー表現ガイドライン

食べログテイクアウトでは、飲食店様に発信していただくメニュー、メニューについての説明文、メニュー写真について以下のとおり、ご注意いただきたい表現のガイドラインを設けております。 ※食べログテイクアウトで提供するメニューに関連のない内容の記載はご遠慮ください。

以下をご一読いただき、ガイドラインの遵守をお願いいたします。

1.著作権、商標権、肖像権・氏名権、プライバシー等について

他者が権利を有する著作物・商標や画像等を無断で使用することはご遠慮ください。
使用する場合には、必ず許可を得てください。
また来店者や従業員のプライバシーに関する情報を掲載する場合も、必ず本人の許可を得る必要があります。

【NG例】

  • 画像や文章、キャッチコピーを権利者に無断で利用する
  • キャラクター画像などを権利者に無断で利用する
  • オリンピックやワールドカップなどの表記を無断で利用する
  • 「俳優の○○様御用達」「スタッフは全員20代独身!」などのプライバシーに関わる情報を無断で掲載する
  • 「スタッフの〇〇考案の新作」など従業員の氏名を無断で掲載する

2.景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)について

景品表示法の規制に従った表現をお願いいたします。客観的な根拠事実に基づかない表現については特にご注意ください。

(1)誇大表現・最大級表現について

客観的な事実以上に内容・効果をうたう表現は、ユーザーの誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。
また、「ナンバーワン」「トップ」など、他より優位に立つことを意味する表現を使用する場合には、客観的な根拠資料が必要です。

【NG例】

  • (客観的な根拠資料なしで)抜群、画期的、究極、驚異、絶対、絶大
  • (客観的な根拠資料なしで)日本最大の売り上げを誇る
  • (客観的な根拠資料なしで)日本で唯一の
  • (客観的な根拠資料なしで)業界ナンバーワン

(2)将来・効果・安全性を確約する表現について

将来や効果を保証する表現は、ユーザーに過度な期待を与えるおそれがありますので、客観的な根拠資料に基づく内容に限るものとします。

【NG例】

  • (客観的な根拠資料なしで)必ず満足できる
  • (客観的な根拠資料なしで)誰でもおいしいと思える
  • (客観的な根拠資料なしで)皆様の安全を保証します

(3)他者と比較し自己の優位性を強調したり、他者を貶める表現について

客観的な根拠事実に基づくことなく、他者と比較し自己の優位性を強調したり他者を貶めるような表現は、ご遠慮ください。

【NG例】

  • 本当のイタリアンを味わえるのはうちのお店だけ
  • 当店は他のお店と違います

(4)二重価格に相当する表現・表記について

二重価格に相当する表現・表記はご遠慮ください。

3.消費税転嫁対策特別措置法で禁止されている表現について

消費者に消費税の負担について誤認されないようにするため、「消費税は転嫁しません」等の表現による宣伝や広告は禁止されています。

【NG例】

  • 消費税を転嫁していないような表現(「消費税」は転嫁しません」等)
  • 消費税を”おまけ”するような表現(「消費税8%分還元セール」等)

【禁止されていない表現例】

  • 消費税と関連がはっきりしないもの:「新生活応援セール」
  • たまたま消費税率の引き上げ幅と一致するだけのもの:「3%値下げ」、「3%還元」、「3%ポイント還元」
  • たまたま消費税率と一致するだけのもの:「8%値下げ」、「8%還元セール」、「8%ポイント進呈」

4.メニュー情報と関係のない事項について

外部サイト(自店舗のホームページ・SNSページは除く)への誘導など食べログテイクアウト以外の経路での注文を促す記載のほか、店舗経営に関する情報といった、メニュー情報と直接関係のない事項を記載することは、ユーザーが混乱する原因となりますのでご遠慮ください。

【NG例】

  • 他社のサイト(Uber Eats・menu・Potluck・fineDine・オーダーなど)への誘導
  • 店舗が電話で確認して初めて注文が確定するという、リクエスト注文のような表現
  • 求人情報など飲食と関係のない内容

5.画像について

画像の掲載に関しては、上記の各項の内容に加えて以下についてもご注意ください。

(1)著作権を侵害する、またはその可能性がある画像

ご自身で撮影したものではなく、撮影者本人の許可も得ていない画像については、著作権侵害に該当するおそれがありますので、掲載をご遠慮いただいております。
特に、他のグルメサイト、ブログ等の画像を、許可なく使用することは著作権侵害に該当する可能性がありますので、ご注意ください。

(2)プライバシー・肖像権を侵害する、またはその可能性がある画像

人物、個人の氏名等の画像のうち、撮影対象から同意を得ていない画像や、個人情報が判別できないよう加工されていない画像等、プライバシーや個人情報の保護の観点から問題となる画像の掲載はご遠慮いただいております。
お店関係者や来店者については、偶然画像に写り込んでしまうことがございますので、特にご注意ください。

(3)以下に該当する画像

  • 残虐的、生理的嫌悪感を発生させる画像
  • 法令で飲食を禁止されている食品の画像

(4)メニューと関係のない画像

メニューそのものと無関係な画像を設定することは、ユーザーの誤解にもつながるためご遠慮ください。

【NG例】

ロゴマーク、店舗写真、地図、スタッフ写真、イラストなど

(5)実際の商品内容と異なる画像

画像に写っている商品と実際の商品内容とが異なる場合には、ユーザーの誤解を招く可能性があるため、ご遠慮ください。

【NG例】

  • 画像にはドリンクが付いているが、実際にはドリンクが付かない場合
  • Mサイズの商品に対して、Lサイズの商品画像を掲載している場合

6.メニュー、説明文について

メニューおよび説明文の掲載に関しては、上記の各項の内容に加えて以下についてもご遠慮いただいております。

(1)法令で飲食を禁止されている食品や表現

【NG例】

  • 牛のレバー(肝臓)の生食、豚肉(全部位)の生食、ふぐの禁止部位
  • 無農薬、減農薬、無化学肥料、減化学肥料といった、省庁のガイドラインに反する表記やその食品
  • (登録認証機関から未認証の)有機、オーガニック表記やその食品

(2)アルコール飲料・ノンアルコール飲料メニュー

注文を確定した時点で事前決済されるサービスとして提供しており、実際に飲食をするユーザーの年齢確認が必要なアルコール飲料のメニュー掲載はご遠慮いただいております。
また同様に、20歳以上が飲用することを想定・推奨されているノンアルコール飲料についてもメニュー掲載はご遠慮ください。

(3)食品ではないもの

単品メニューとして、食品ではないものを掲載することはご遠慮ください。

【禁止されていない例】

メニューに付随した道具(スプーン・箸・テーブルナプキンなど)をオプションとして掲載することは可能

(4)差別的表現のほか他者を中傷・批判するもの

差別的意図のある表現はもちろん、意図がない場合でも特定の人に対する決めつけや、他者を中傷・批判する内容を掲載することはご遠慮ください。

以上
  • 制定:2020年6月4日
    改正:2020年8月6日